モテる男性が持っているプラチナカードの価値とは

ブラックカードはクレジットカードの中でも最上位ランクです。
しかし、世界中で限られたセレブや富裕層しか持つことができないものですので、実質的にブラックカードを例外としますと、プラチナカードが最上位のステータスとなります。
ブラックカードと比較すれば持つことができやすいのですが、だからいって誰もが簡単にプラチナカードを持てませんし、持つことができる人は限られてしまいます。
モテる男性は限られていますし、限られたプラチナカードを持つことができる男性は当然モテる男子のカテゴリーに入るということは理解できるのではないでしょうか。
プラチナカードの審査基準はそれだけ高くなっていますので、プラチナカードの保有者は社会的信用が担保されています。
また年会費も高額なため経済力がないと持つことが出来ません。
アメックスのゴールドカードは税抜29.000円ですが、プラチナカードになりますと4倍以上の税別に130.000円にも及びます。

プラチナカードはアメリカンエキスプレスカードからはじまった

プラチナカードがはじまったのは1984年からです。
そのプラチナカードを作ったのがアメリカンエキスプレスカードのアメックス社ということはご存知でしたか?
プラチナカードが登場した当時は、ゴールドカードが最上位カードだったのですが、ゴールドカード保有者が激増したためゴールドカードの価値が低下してしまいました。
ゴールドカードを保有している富裕層の価値低下に対する不満を解消するために生まれたのがプラチナカードです。
日本でアメリカンエキスプレスカードのプラチナカードの発行開始されたは1993年ですから平成に入ってからですね。
日本国内でも現在ではアメリカンエキスプレスカード以外のプラチナカードが数多く発行されています。

プラチナカードを選ぶなら

やはりプラチナカードの生みの親であるアメリカンエキスプレスカードのサービスが他のブランドよりも秀でていることはまちがいありません。
至れり尽くせりのサービスがあるのですが、まさにコンシェルジェサービスはそのとおりです。
イメージとしてはアメックス社が個人秘書を提供してくれます。
24時間365日、ホテルの予約や飛行機のチケットをコンシェルジュが手配してくれます。
またレストランなども予算、人数、希望の場所に応じて候補を探し、最適なところを紹介しこちらも手配してくれます。
一見さんや個人の予約では取れない一流店の予約も可能ですので、プラチナカードがあればリッチな気分だって満喫できます。
さらにホテル優待サービスがありますが、高級ホテルのスイートルームが最大半額になります。

アメリカンエキスプレスカードのプラチナカードを保有するには

プラチナカードの最上級であるアメリカンエキスプレスカードのプラチナカードを保有するには厳しい条件が必要となります。
まずアメックスのゴールドカード会員になり、決済など実績を積まなければなりません。
さらにアメックスからインビテーションが届かなければ、プラチナカードを保有する資格を得ることができません。
アメックスゴールドでしたら、比較的審査が厳しくなく保有すことが出来るようになっています。
現在他社のクレジットカードの支払いや消費者金融などの借り入れで延滞がなく、安定した年収が300万円以上が条件となっています。
当然ですがブラックリストに載ってしまっているのでしたらゴールドカードの保有は不可能ですし、他所のクレジットカードも持つことが出来ません。

プラチナカードは使ってこそ価値がある

限られた人しか持つことができないプラチナカードですが、ステータスを証明するだけのものではありません。
至れり尽くせりのサービスを利用してこそ価値があります。
プラチナカードを持てるいうことだけでも特別な存在であることを認められているのですが、それにふさわしい使い方をしていただきたいとおもいます。